光脱毛で使われている器具が知りたい!

光脱毛の器具にも種類がある
リーズナブルな価格で気軽に施術が受けられるとして専門サロンも増え続けている光脱毛ですが、同じ光でも使用している器具はサロンによって違いがあります。フラッシュ脱毛やハイスピード脱毛、美容脱毛などと呼ばれることもありますが、それぞれサロンによって特色をつけるために名前を変えているだけで光を使っての脱毛という部分では変わりがありません。ただ機会によって光の種類に違いがあり、それぞれ特徴も持っています。常に研究開発され、新しい光脱毛も生まれていますが、日本で導入している光の種類で一般的なものにはIPL脱毛と呼ばれるものとSSC脱毛と呼ばれるものがあります。

毛根に働きかけるIPL脱毛
IPL脱毛は光を毛のもつメラニンに反応させることで毛根にダメージをダイレクトに与え、その効果で脱毛するものです。フォトフェイシャルに使用されるものと同じ光を使用しているため美容効果が得られるので、サロンによってはその効果を最大限に発揮する「美肌脱毛」と謳っているところもあります。大手有名サロンでIPLを採用しているのは銀座カラー、TBC、エピレ、キレイモなどです。銀座カラーは器具の詳細は非公開にしていますが、TBC とエピレは自社開発器具、キレイモはpielという国産の痛みを感じにくい機械を使っています。

光の効果で減耗させるSSC脱毛
SSC脱毛も脱毛と同時に美肌効果が得ることができます。施術の際に塗布するジェルに減耗・制毛作用のある成分が入っており、このジェルを塗布した部分に光を照射することで毛を減らしていきます。このジェルには肌のきめを整えたり、ハリをアップさせる成分もあるので、肌がきれいになるという効果も期待できるのです。SSCを採用しているのはミュゼプラチナム、脱毛ラボなどです。ミュゼプラチナムはそもそも痛みの少ないSSC方式の中でもさらに痛みを感じにくい器具を採用しています。