髭脱毛の器具はどのようなものが使われているの?

フラッシュ脱毛が主流に
エステサロンでひげ脱毛を行う際、専用の器具を使って施術を進めます。ではどのような器具を使ってムダ毛の処理を進めていくか、多くのエステサロンでフラッシュ脱毛を採用しています。サロンによってはIPL脱毛とかプラズマライト脱毛、コスモライト脱毛など別の呼び方で紹介していることもありますが、いずれもフラッシュ脱毛で一緒です。

フラッシュ脱毛でひげ脱毛できる理由
フラッシュ脱毛は、髭の処理したい箇所に特殊な光を照射します。この光はひげのメラニン色素に反応する性質を持っていて、光のエネルギーを髭の毛根に集めます。そしてそのエネルギーを使って毛根を破壊することで、髭が生えてこない環境を作り出すわけです。

レーザー脱毛と比較して痛みが低い
それまでの主流の鬚脱毛の器具は、レーザー脱毛でした。基本的な原理は一緒で、レーザーの光を毛根に集め破壊します。しかしレーザー脱毛の場合、痛みの伴うのがネックでした。髭のような太くて丈夫なムダ毛を処理する場合には、かなりの痛みが伴います。太いゴムで肌をはじかれるような痛みで、最初のうちはびっくりするでしょう。しかしフラッシュ脱毛の場合、レーザー脱毛と比較するとかなり痛みも和らぎます。多少痛さを感じるかもしれませんが、我慢できない痛みではないです。人によっては、照射されている箇所がほんのり温かく感じるだけで痛みは特にないという人も少なくありません。

出力が低く効果に時間がかかる
フラッシュ脱毛の場合、痛みはほとんど感じない、感じたとしても耐えられないものではないでしょう。しかしレーザー脱毛などと比較すると、出力は弱めにしてあります。だからこそ痛みを感じにくいということもあるでしょう。しかし一方で出力が弱いということは、効果が出るのも鈍くなると思ったほうがいいです。ですからフラッシュ脱毛でひげの処理をする場合、何度もサロンに通わないといけないでしょう。でも粘り強く通い続ければ、レーザー脱毛とそん色ない仕上がりになることも十分可能です。