レーザー脱毛にはどんな器具が使われるの?

レーザーの種類によって効果が違う
少ない通院回数で脱毛が行えると人気のレーザー脱毛は美容外科でしか扱えないレーザー器具を使用しています。レーザー脱毛の場合、器具によって発するレーザーに違いがあり、それぞれに特徴があります。日本に導入されている器具いくつかありますが、多く普及しているのはアレキサンドライトレーザーかダイオードレーザーを使用した器具になります。自分の肌質や求める効果によって器具を選ぶといいでしょう。

日本人にぴったりのアレキサンドライトレーザー
日本で多く採用されている器具の一つ、アレキサンドライトレーザーは日本人の肌に合ったレーザーを出すことができる機械です。一度に照射できる範囲も広いので、従来使用されていローションやジェルなどを使用しないので施術自体も短い時間で終わることができます。日本人との相性の良さもあり、現在日本で一番多く使用されているレーザー脱毛器具になります。ジェントルレーズという機種は波長の長いロングパルスアレキサンドライトレーザーを使用しており、ニキビの改善やや美容効果を得られます。

肌が黒くても施術可能のダイオードレーザー
最先端の医療脱毛機器として現在導入するクリニックや美容外科が増えてきているのがダイオードレーザーです。レーザー脱毛だけでなく光脱毛も含めて永久脱毛はメラニン色素に反応させて脱毛を行うシステムのため、これまでの機械のほとんどが日焼けしている肌の人やもともと肌の色が濃い人は施術を受けることができませんでした。しかし、このダイオードレーザーは皮膚はレーザが皮膚を通過して毛母細胞自体に光を蓄積させて反応させることで脱毛すべての人に対応しているため、今まで施術を断られてきた人でも受けることができます。ダイオードレーザーを発する器具の中でもライトシェア・デュエットという機種では冷却機能がついているので痛みも感じにくく、比較的快適な施術を受けることができます。